ご覧いただき、ありがとうございます
関連記事を遠慮なくトラックバックしてください
ブログ(Blog)アクセスアップ目的などのためご利用ください
但し言及リンクのないトラックバックは削除させていただきます



リスク無しでこっそり300万円儲けたい方は、こちらを見てみる?


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
滝田洋二郎監督の映画「おくりびと」(松竹)が米国・アカデミー賞を獲得したことは、日本でも広く報道され、それを機会にこの映画の知名度は抜群にアップしたが、実は公開時にも高い興行収益を上げ、そして2008年9月13日の公開前からアカデミー賞への出品作となることが決定していたことはあまり知られていない。

日刊サイゾー: シニア層に映画熱 数字に表れぬ「おくりびと」のヒットぶり

バラエティ・ジャパン: 「おくりびと」米アカデミー賞 日本代表に

上記のサイゾーの記事においては、「平日の稼働率が高い」という点の分析が面白い。

DVDは発売済み。

DVD「おくりびと」
出演: 本木雅弘, 広末涼子



原作の納棺夫日記/青木 新門・著も、要注目。

納棺夫日記





関連記事:
中国語のタイトルは「礼儀師の奏鳴曲」 → 日本語の「の」が通じるんですね。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
COPYRIGHT © 2004-2012 POWERED BY FC2 ALL RIGHTS RESERVED.
Gen Hoshino, Kanagawa, Tokyo, Chiba, Saitama,
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。